検査ミスで余計な薬を飲まされてしまった

母親が診察を受けたときに、これは胃潰瘍であると言われて、胃潰瘍の治療に必要な薬を飲むことになりました。検査でもそうした状況がわかりやすく出ていたと話をしていたので、間違いなくこの症状が出ているんだなと感じていましたが、決してそのようなことではなかったようです。胃潰瘍の薬を飲んでもあまり効果が無く、結局痛みが出てしまうので、再診察をしたところ別の病気であることがわかりました。

これ以上、追及しない

検査のミスによって、余計な薬を飲まされただけでなく、副作用に近い状態が起きて生活がしづらいという話を母はしています。検査が違うのではという話については、謝罪こそしたもののミスとは言い切れないと言ってお金については返そうとしませんでした。医療事故なのかもわからないので、母はこれ以上追求をすることはしないと言っていますが、本来なら請求をしてお金を返してもらうこともいいのではないかと感じています。

医療事故であるか悩む

結構検査ミスというのは多いと聞いていますが、今回もそのパターンによって起きてしまっているのではないかと思っています。当然こうした問題については、弁護士に相談をすれば何とかしてくれるようなこともありますが、うまく行かないケースが多いと聞いています。本当に相談すべきかどうか、そして母親を説得してまで行うものなのか、現在迷っているところです。

DATE:2016/1/22