border

知人の女性が妊娠中の事故で死産へ

2016/1/22

知人の女性は妊娠しており、このままいい子供を生めればいいなと思っていましたが、実際に出産するときにトラブルになってしまい、妊娠から一転して死産を経験することとなりました。出産というのは、看護師がしっかりサポートしてくれることが大事なのですが、そのサポートでトラブルが起きてしまったようで、子供が息をしない状態となり、そのまま死産してしまったという話になりました。

弁護士による医療事故証明

明らかに医療事故といえるようなことであり、何とかして解決したいけど相談することができない苦労を持っていました。知人に対して、弁護士に話をすれば、医療事故として扱ってくれるかもしれないという話をして、認めさせることが第一ではないかと話をしてみました。賠償などについては、その後の経過によってできることとできないことが生まれてくるはずなので、そうした状況を見てからでも遅くはないと話をしました。弁護士に相談だけでもして、これは明らかに医療事故だという証明をしてもらうことも大事だと思ったのです。

弁護士のサポート

知人の女性は、一応弁護士に相談をして、実際の話をしてみたようです。その結果、医療事故であることは間違いないという話をされたと同時に、すぐに裁判をして賠償金をとるべきだという話もしてくれたようです。現在は裁判の準備をしているところですが、弁護士の方のサポートは本当に助かっているようです。

border

サイドメニュー